とおたんの詩のページです。


by toyatoyapoetry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

叫び

そこに悲しみがあるから
そこに苦しみがあるから
橋を渡すのだ
そこに願いがあるから
そこに叫びがあるから
道を開くのだ
そこに消え行く灯があるから
そこに消え行く魂があるから
灯をつけるのだ

小さくなるな
こんなもんだと
満足するな

自分がまだまだなのだ
まだまだ知らないことがある

その先の道を

登っていこう
手をとりあって

橋を渡していこう

人生は
歩んだ行いで
あらわされても

本当のところは
仏陀以外
誰にも
わからないこと

小さくなるな
小さくなるな

とどまるところを捨てよ
その先の道
歩んでいこう
[PR]
by toyatoyapoetry | 2006-06-30 21:14

菩提

自分より早く橋を渡したい
自分はたとえ溺れ死んでも
君が道を歩む姿を見てみたい
たとえ自分は未熟でも
こんな自分でも君が羽ばたく姿を
君が道を歩む姿を見てみたい
それが僕の願い
[PR]
by toyatoyapoetry | 2006-06-27 21:53

行い

もっと相手のことを考えて
なすべきことがあっても良いのではないか

何を思うのではなく
己を滅して何をなすべきなのかだ
[PR]
by toyatoyapoetry | 2006-06-20 22:40 | 呟き