とおたんの詩のページです。


by toyatoyapoetry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

気づき

接心ばかり頼っていると、周囲の人の何気ない言葉に如来のことわりが隠れていることに気づかない。有相も無相も優劣はなく、大空の世尊のみ心に生かされている事をよく思惟しなければならない
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-21 21:04

気づき

真如苑は確固たる自分があって仏道をおさめ、接心を参考にしながら幸せを切り開く場所である。自分の本来の姿から逃げて、逃避の場所として真如苑を使えば当然苦しみの淵に沈んでいく
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-21 21:02

君は幸せをもたらす尊い戦士である
すべてを知る最高の知恵である仏の
尊い弟子である
それを吟持と受持しまっすぐすすんでいくのだ
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-19 09:42

ハンター

ハンターの特質に罪悪感をもってはいけない
どうではなくて、その特質をカバーする
スキルを磨いていかないといけないのだ
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-19 09:41

霊能

霊能は仏道の道すがら与えられるものである
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-19 09:39

悟り

霊能は仏の教えの目標とはなんら関係ない
我々の目指すのはすべてを知る最高の知恵である仏を目指し
自分もまた仏となるのを願う仏道の道すがら
人が仏の道をすすめることを助ける
お世話をするのが霊能者の勤めである
霊能はあくまで脇役なのである
主役はあくまで仏の道そのものである
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-19 09:38

穏やかな風
冷たい雨
光と影
夢の中
どこまでも
どこまでも
春の香り
虚空にたなびく
おだやかな
春の日差し
君への思い
あらわれては消え
消えてはあらわれる
夢の彼方
春の幻
[PR]
by toyatoyapoetry | 2010-05-11 08:36